ブログ

友禅 打掛

記事 友禅 打掛のアイキャッチ画像

 

5710C942-9718-491F-A823-03505FEF0C7B

Zen京都にある打掛には、大きく分けて織りの打掛友禅の打掛があります。

その中から、友禅について改めて勉強させていただきました。友禅作家の秋山章先生が構図から携わった、豪華で華やかなうちかけです。

作品にもよるそうですが、イメージが浮かんでから、出来上がるまでに3年の歳月が必要だそうです。

その工程をお伝えできればと思います。

(1)下絵青花・・先生がイメージされたものを駒塩瀬羽二重の生地に下絵を描い       ていきます。この下絵は水で洗うと消えてしまうそうです。

C5E2E3B0-BDE5-4A47-9C0E-C84E6BB68D5C

 

(2)のり糸目・・下絵に糊をのせていきます

9DB2973F-5A91-44A0-BACE-47EFCA476805

 

(3)青花散らし・・下絵を水洗いをしておとします

1A91AE44-5857-44D9-A599-46493792661C

 

(4)のり伏せ・・染めたくない所を糊で伏せてしまします

6F46A531-8006-41D4-BCD0-2B67E8B27443

 

(5)引き染め・・色を入れたいところを刷毛で引きながら染めていきます

4D3C0160-9824-4FDE-AF31-BECD9BAB9950

 

(6)蒸し水元・友禅入れ・・蒸気で何度も蒸すことにより、染料がむらなく馴染みます

52064564-6108-4A40-A365-0A87F9909D78

 

(7)色合わせ挿し友禅・・色を入れていきます

4575F486-9B49-4507-8EB7-78E221CBAED0

 

(8)蒸し・水洗い・水元・上のし・・これらの工程を繰り返し、色を定着させていきます。生地がしっかりしているので、繰り返しの工程が可能だそうです。

70C7F429-FF27-4FDA-B652-CE611C6F24D6

 

(9)金彩箔加工・・特殊なシートをして金彩加工をしたい部分を切り離します

 18010D7F-B27C-4D4D-A43E-2703545D7842    9A30893C-B7F7-4E12-92F1-67A36F6478DA

(10)金彩箔加工完成・仕上がり・・押箔・焼箔など金彩加工にもさまざまな種類があります

CB61A21C-B5F3-48AC-AA65-0003879C77AD    97049B4B-6896-43FA-BA58-3F3EB631677B

6C7339C5-B464-453A-82FA-67302EBDBE7E

 

これらの工程に、三年の歳月が費やされ、晴れの日の花嫁様のお衣裳が出来上がるかと思うと、世界一の花嫁様に相応しいお衣裳なのではないかと思います。

Zen京都では、秋山章先生の友禅打掛をご着用いただけます。ぜひご来店お待ち申し上げます。

Zen京都075ー354ー0003

info@ws-i-zen.jp